カート
ガイド
絞り込む
カテゴリー
読みもの
  • ホーム
  • 狭いキッチンの片付け方、使いやすく整える方法
収納・整理
狭いキッチンの片付け方、使いやすく整える方法
このエントリーをはてなブックマークに追加

物がたくさんあって、ごちゃごちゃしてしまいがちなキッチン。お料理をするのがおっくうになったり、掃除がしにくくなったり、しまい込んだ保存食品がいつの間にか賞味期限切れになっていたり。そんな経験はありませんか? 狭くても快適なキッチンであれば、毎日の家事も楽しくなりますね。

そこで、キッチンをすっきり片付けて狭くても使いやすいキッチン作りのアイデアをご紹介します。

狭くても使いやすいキッチンをつくる 4つのコツ

「家のキッチンは狭いから・・・」という方もあきらめないでください。スペースが限られていても、工夫次第で使いやすく快適なキッチンにすることができます。そのための4つのポイントについて考えてみましょう。

1.あなたの理想のキッチンとは?

キッチンの広さやお料理の頻度、キッチンツールや調味料の数など、家庭によって異なります。それと同時に、快適なキッチンといっても人によってイメージするものが違うでしょう。キッチンを片づける前に、どんなキッチンにしたいのか、まずは自分にとって理想のキッチンをイメージすることが大切です。

たとえば「効率の良さを追求するキッチン」が理想であれば、料理をする上での動線を意識して、ものの配置を決めましょう。コンロ付近に調味料があれば、料理をする際に手際よくすることができます。また、キッチンツールや食器を等を使用して、洗って、拭いて、片付けるという一連の流れを考えると、自然と食器棚や収納ケース、収納法のベストな形が見えてきます。

2.調理台はできるだけものを置かない

快適なキッチンのためには、まずは調理スペースできるだけ広く確保することが大切ですね。そのために調理台の上のものを”整理する”という考えをやめて、潔く調理台には”ものを置かない”と決めてみましょう。必要なキッチンツール等は、調理台上下の収納スペースを使って整理するように考えてみてください。

ただ、収納スペースが足りずに食材の収納方法に困る・・・というようなこともあるかもしれません。調理台にどうしても置きたいものがある場合におすすめなのが、水に強い北欧風のカゴです。ナチュラルな風合いで見た目もおしゃれに収納することができます。洗うこともできるカゴを収納グッズとして使えば食材を入れても衛生的に使えますね。


詳しくはこちら

3.スペース不足はラックや棚で解消

狭いキッチンだから収納場所がない・・・そう嘆いていても始まりません。意外と見落としがちなのがシンクの下。古いキッチンにはシンクの下に棚がなく、デッドスペースになってしまっていることが良くあります。
また、フックなどの壁掛けツールを使い、使用頻度の高いキッチンツール等を吊って収納するという方法もあります。棚などを置く必要なく、すぐに手に取って使うこともできて、一石二鳥です。

4.ごみ箱でも、空間を効率よく使えるように

キッチンにおけるごみ箱も、すっきり片付ける際に重要なポイントになります。手を汚さず衛生的だからと、ペダル式の使いやすいごみ箱を利用している家庭もあるでしょう。また、分別がラクにできるごみ箱を選んでいる人も多くいるようです。

このキッチンに置くごみ箱にスペースを奪われている場合もあります。スペースをムダなく使うという観点からすると、上下に重ねることができるごみ箱がおすすめです。重ねて使えるごみ箱なら、ごみ箱上部の縦の空間を有効に使うことができます。ごみ箱は隠れるスペースに置きたいと考えがちですが、シンプルでおしゃれなごみ箱なら、見える場所にあっても、むしろインテリアのアクセントになります。


詳しくはこちら

すっきりしたキッチンで毎日の家事を楽しく

理想のキッチンを思い描き、それを実現するために調理台まわりをすっきりさせたり、シンク下の収納を見直したり・・・。いろんな収納アイデアを試したり、新たな観点でごみ箱を選び直すことも、スペースを有効活用したキッチンにする近道です。

今回ご紹介したコツをもとに、狭いキッチンを快適なキッチンに変えることで、毎日の家事をもっと楽しめるようにしていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加