カート
ガイド
絞り込む
カテゴリー
読みもの
  • ホーム
  • Tシャツ収納を簡単・きれいに。たたみ方から収納のコツまで
収納・整理
Tシャツ収納を簡単・きれいに。たたみ方から収納のコツまで
このエントリーをはてなブックマークに追加

オールシーズン活躍してくれるTシャツ。その手軽さから、夏はとくに着る機会も増えますよね。枚数も多く、いざという時にお気に入りの1枚が見つからない・・なんて経験、ありませんか?

探している間にTシャツがぐちゃぐちゃになってしまう、そんなストレスから解放されるように。しわにならず選びやすい、Tシャツのたたみ方から収納の方法までをご紹介します。

まずはTシャツのたたみ方から

「今日はあのTシャツを着よう」そう思った時、Tシャツのデザインやその特徴がパッと目に留まるよう整理されていれば、簡単に見つけ出すことができますよね。そこで収納する際に、そろって上から見えるようにたたむことがポイントになります。

そのポイントを踏まえて、2つの基本的なたたみ方をご紹介します。

「立てて収納」するたたみ方

男ものの大きなTシャツは特にかさばるので、深い収納ケースに立てて収納するのがおすすめです。

1.左右を内側に折り、身幅を3つ折りに(写真1〜2)

Tシャツを広げて置き、後ろ身頃を上にし、襟から肩にかけてのライン中央辺りを折り目の目安に、左右それぞれ端から内側に折ります。
※3つ折りにした状態の横幅が、ケースに入れる時の横幅になるので、Tシャツを収納するケースの横幅に応じて折り目を調整してください。

2.裾の両端を持って半分に折る(写真3)

裾を持ち、肩のところまで持っていき、縦を半分に折ります。

3.さらに縦を3つ折りに(写真4〜6)

半分に折った状態から、まず縦を3分の1に折り、さらにもう3分の1折りたたんで完成です。しっかりたたんだTシャツは、立てると自立しますよ。
※ケースの高さに応じて、最後の3つ折り時に立った状態の高さを調整できます。

「まるめて収納」するたたみ方

このたたみ方をマスターすれば、きれいに取り出しやすく収納できるのはもちろん、コンパクトにまとめておくことができます。旅行など持ち運びの時にも便利なたたみ方です。

1.裾を5cmほど折り返し、見頃を3つ折りに。(写真1〜2)

きれいにしたテーブルか床の上に、前身頃を上にした状態で広げて置きます。そして、5cmほどを目安に裾全体を折り返します。そして「立てて収納」の時と同様に襟から肩にかけてのライン中央辺りを折り目の目安に、左右それぞれ端から内側に折ります。

2.襟口の方からくるくる巻いていく(写真3)

Tシャツの襟口を手前に持ってきて、襟口の方から裾の折り返し部分に向かって両手でくるくる巻いていきます。その際、シワにならないよう手アイロンをかけつつ、きれいに巻ききってください。

3.折り返した裾を、ひっくり返して包み込む(写真4〜6)

折り返した裾部分までしっかり巻き終えて、最後に折り返した裾部分をひっくり返し、まるめた部分を包み込むようにして完成です。

収納ケースに「立てて収納」

基本のたたみ方をマスターしたところで、引き出し式の収納ケースに「立てて収納」してみましょう。自立するようにたたんだTシャツを立てて並べると、どのTシャツを取り出しても崩れることなく、スムーズに取り出すことができてストレスがありません。

すべてのTシャツが上から見える収納方法なので、着たいTシャツをパッと見つけることができますね。

仕切りをつけるとさらに便利

引き出しの中に仕切りを利用して分類すると、さらに便利になります。たとえば同じ色のTシャツが数枚ある場合には、色ごとに仕切りを使って分類するのもいいでしょう。仕切り板は手頃な価格で手に入る市販の商品がありますので気軽に試せますね。

小さめのボックスを複数使う

クローゼットや引き出しを使わなくても、小さめのおしゃれなボックスに立ててしまえば、種類別に分別できたり、ボックスごと移動することもでき便利です。写真のようなカゴタイプのボックスを使えば、棚の上に引き出し風に並べて置いたり、単体で床に無造作に置いてもインテリアとしておしゃれに見えます。

お気に入りの布をさっとかけておけば、埃も気になりません。


詳しくはこちら

収納ケースに「まるめて収納」

まるめて収納するのも立てて収納するのと同様、取り出しやすく、上からすべてのTシャツを見渡すことができるので使い勝手がいいです。コンパクトにまとまるので、収納スペースが少ない方に断然おすすめです。


詳しくはこちら

ハンガーラックにかけておく

「不器用でうまくたたむことができない」「たたむのが面倒」、そんな方におすすめなのは、ハンガーがけ収納です。洗濯後、ハンガーで干したまま収納できるから、家事時短を叶えます。

ただし、Tシャツの首がのびたり型崩れしたりしないよう、注意と工夫が必要です。型崩れは、ハンガーと服のサイズが合っていないことが原因のひとつ。お手持ちのTシャツのサイズに合ったハンガーを選ぶのがポイントです。

すべる素材のものも型崩れの原因になるので、太さが1cm以上あるサイズの、すべらない素材のハンガーをチョイスするといいでしょう。

収納のアイデアでお気に入りのTシャツがさらに活躍

夏に大活躍のTシャツですが、年間を通して着る機会も多いので、いつでも出し入れがスムーズにできる収納にしておけば、さらにTシャツの活躍の機会が増えますね。

収納方法を変えることで衣類の収納スペースに余裕が生まれ、Tシャツの買い足しが気軽にできるようになるかもしれませんよ。ぜひ、試してみてくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加