カート
ガイド
絞り込む
カテゴリー
読みもの
  • ホーム
  • 休日を子どもと思いっきり遊ぶ、室内で楽しむ5つの方法
暮らし
休日を子どもと思いっきり遊ぶ、室内で楽しむ5つの方法
このエントリーをはてなブックマークに追加

明日は休日!普段は会社でなかなか時間が取れないパパも一緒に、家族で過ごせる休日は大事な時間ですね。とはいえ、天気が悪かったり、ふところが淋しかったりしておでかけできないと、毎週末何をしようか悩むパパ・ママも多いのではないでしょうか。
そんな時に外出しなくても、手軽に家で思いっきり楽しめる遊び方をご紹介します。

家族で楽しむ5つの遊び方

1.絵本の読みきかせ

読み聞かせなら、寝る前に毎日少しずつでもやっている・・・という方、休みの日ならではの楽しみ方として、少し長めのお話に挑戦してみるのはどうでしょうか。普段はできれば早く寝付いてくれたらなぁ、とどこかで期待しながら読んでしまいがちですが、お休みならばゆっくり物語の世界を楽しむ時間も取れますね。

せっかくパパも一緒なので、ただ読むだけでなく、登場人物になりきってアクションも交えて演じてみたり、子どもも一緒にセリフを覚えて言ってみたりすれば、普段読んでいる物語も、また新鮮にお芝居気分で楽しめます。

2.お絵かき、折り紙、切り絵

定番のお遊びですが、お休みにはさらに子どもがわくわくするような遊び方でひと工夫。小さな画用紙ではなく、思い切って大きな模造紙を広げて、その上にのってお絵かきできるようにセットします。範囲を気にすることなくどこにでも絵が描けるのは、普段とは違った感覚を楽しめます。

また、広げた模造紙の上で、折り紙を小さくちぎって切って紙吹雪のようにしてみる。まだ上手にいろんな形を折るのは難しくても、ちぎる感覚を楽しむことはできると思います。色とりどりの破片を雪のように飛ばしたり、かけたりしても楽しめます。いろんな色の紙ができたら、それを今度は組み合わせて模造紙に貼り絵にしてもいいですね。具体的な物の形にならなくても、色の組み合わせが楽しめます。

普段はお片付けが気になって、どうしても限られたスペースでひとり遊びすることが多い遊び方でも、思い切ったスペースを使うことでわくわくする遊びに早変わりできます。

3.大掃除も遊び気分で

お手伝いもまだ難しい月齢の子どもでも、お片付けの練習もかねて大掃除を実践してみてはいかがでしょうか。子どもが興味を持ちそうなカラフルなボックスを用意して、そこにおもちゃを入れるようにしてみたら、自分が出したおもちゃを玉入れをするような遊び感覚で楽しんでお片付けができるかも。この機会におもちゃを全部出してみて、あまりお気に入りでなく、使わないおもちゃは処分対象にしてしまってもいいですね。

水回りのお片付けをしながらそのままビニールプールや浴槽で水浴びにしてしまうのもひとつの手。本当のお片付けや大掃除は難しいかもしれませんが、遊びの一環として取り組んだり、パパも一緒にやることで、自分でお片付けする気持ちが育てられるかも。

4.動画や音楽鑑賞

お気に入りのアニメや物語を見だしたら、いつまでもじーっと見ていてくれる。その画面に食い入るような集中力の高さも子どもならでは。普段ならそのすきに、ちょっと食事の支度やママの時間として過ごすところですが、休日は親子で一緒に楽しめる時間にしたいですね。そんな時は一緒にカラダを動かせる、ダンスや音楽系の動画を見てはどうでしょうか。簡単なダンスを一緒に覚えて踊ってみたり、歌詞に合わせて自由なフリを作ってみてもいいですね。家族それぞれの決めポーズを考えたりしているうちに、普段何気なく聞いている曲が、意外に家族のお気に入りの一曲になるかもしれません。

5.定番の「ごっこ遊び」

最後は、こちらも定番のごっこ遊び。少し月齢の高くなってきた子どもなら、おままごとやお医者さんごっこ、運転手のまね、などなど・・・。身の回りにあるおもちゃで毎日していることかもしれません。そこでお休みの日ならではの、ちょっと本格的なごっこ遊びを試してみてください。

キッチンおままごとも、クッキーのタネを本当にこねてみたり、型で抜くところだけやってみるのはどうでしょうか。なかなか全部の工程を一緒にやるのは難しいですが、少しの工程でも本当の材料を使うことで、ママがいつもしてることを一緒にしてる、嬉しい!と喜んでくれると思います。パパと一緒にぬいぐるみのサッカーボールを使って、サッカー選手を真似してみるのもいいですね。ゴールを段ボールで作って、パパがキーパ―になってあげたら、お家の中にいるのを忘れてしまうくらいゴールキックができるかも。普段ひとりでやるのはあぶないからと止めてしまいがちなことを、パパ・ママが一緒にいる時にやってみるのも、お休みならではの経験になるのではないでしょうか。

お休みだからこそできる工夫を

せっかくのお休みを家族で楽しむポイントは、子どもがわくわくできる方法を探すためにひと工夫手を加えること。ちょっとした小道具を用意したり、場所を広く取ったりするだけで、普段やっている遊びでも少しの工夫で、普段は味わえない楽しみ方ができます。パパ・ママが真剣に一緒に参加することで、その楽しさはさらに倍増します。どうぞご自身も一緒に楽しめる方法を探してみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加