カート
ガイド
絞り込む
カテゴリー
読みもの
  • ホーム
  • おしゃれで清潔 誰でもできるキッチンスペースの収納
収納・整理
おしゃれで清潔 誰でもできるキッチンスペースの収納
このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチンを広く快適に使うためには、収納アイデアの工夫と充実が必須です。キッチンは毎日使うので、おしゃれなアイテムでインテリア性の高い便利なキッチンにしたいですよね。

今回は、ズボラでもできる、スタックストーの簡単キッチンスペースの収納をご紹介します。

食材をそのまま保管できる定番収納

食材の短期的なストッカーには積み重ねるスリムな収納

日々料理に使う食材の中でも、根菜のような常温保存の出来る食材の保管場所には意外と困るものです。

あまり長期間保存をしない食材は、「stacksto, pelican slim」(写真左)や「stacksto, baquet L slim」(写真右)が扱いやすく、キッチンのスペースを圧迫せずに上手におしゃれに保管する事ができます。

どちらも素材には100%ヴァージン素材を採用していて、食材が直接触れても安心安全。スリムなタイプなので、冷蔵庫と棚の隙間などデッドスペースになりやすいちょとした場所を最大限に活用できるのが嬉しいポイントです。

※「stacksto, baquet L slim」ではスタッキングに別売りの「stacksto, onbaquet L slim」が必要です。

stacksto, pelican slim
ちょうどいい角度でピタリと停まるフタがとても便利。フタの色で何が入っているかも把握しやすく、料理中でも片手で簡単に開け閉めできるので、調理の流れを止めることなくスムーズに食材の取り出しができます。
stacksto, baquet L slim
baquetのいいところは簡単に持ち運びが出来るところ。
そのまま一気に運べるので、何度も取ったり戻したりというような繰り返し作業が必要ありません。

調味料や乾物のような長期間保管には大きめサイズ

乾麺や調味料のストック、粉ものや缶詰など比較的長期間保管をする食材には「stacksto, pelican wide」(写真左)や「stacksto, baquet Mコラボ関連はこちら)」や大容量の「Lサイズ」(写真右はMサイズのリサラーソンコラボ柄)というような、容量の大きなタイプがおすすめです。

四角い形状は食器棚の横やシンクの横、キッチンスペースの隅などに隙間なく収まるので、スペースの無駄が発生しません。
どちらも容量が大きく、長期保存用の収納として能力を発揮します。

ゴミ箱と収納の合わせ使い

キッチンスペースを有効に活用する高い機能性

キッチンスペースで大きく場所をとってしまいがちなゴミ箱。積み重ねて使うゴミ箱「stacksto, pelican garbee」は、スペースを最大限に活用できるのでおすすめです。

使う人の事を徹底的に考え抜いた高い機能性と、収納場所の確保のための専用機能など、その一部をご紹介します。

■ 重ねて使う
数を増やした時、横に広がるとスペースがどんどん失われてしまいます。
そこで縦に積み重ねる事により、キッチンを広く使えるように作りました。
■ 多用な分別方法
2台を使った分別はもちろん、中の袋止めに袋を2枚分けてセットすれば1台でも分別可能。分別が当たり前の現代では嬉しい機能です。

キッチンで使うために考えられたそのほかの機能はこちらでご紹介します。

pelicanシリーズと完全連携で収納力確保

pelican garbeeは付属の部品で収納タイプのpelicanシリーズと完全に連携。ゴミ箱&収納として使う事ができます。

pelican garbeeで使う45Lのゴミ袋やレジ袋、お手入れに使うタオルなどのストックには「stacksto, pelican slim」をおすすめします。
収納容量も大きすぎず、slimタイプなので場所もそこまでとりません。


しっかり収納として使いたい時は、「stacksto, pelican wide」がおすすめ。
たっぷりの収納力は、根菜や乾物やお米といった普段の食材から、缶詰や水などの非常時にも使えるグッズ、タオルやゴミ袋といったゴミ箱用のストックも、3段で一括した収納が可能です。

洗えるかごは収納にも調理にも

キッチンで使う道具の整理整頓

仕切りのないスペースを使った整理整頓には、「stacksto, Timb. Rectangle」や「stacksto, Timb. Square M」のような四角いTimb.が最適です。

シンク下や棚の上、使わないカウンターなど、最初は何もないスペースな事が多い場所はどうやって整理するか迷いがちです。そういった場所にはスペースのサイズに合うTimb.を並べて、どのTimb.に何を収納するか決めて分けるだけで整理整頓完了。

北欧のバスケットを感じるデザインは、生活感を見せないインテリア性で、すっきりシンプルにまとまります。

食器棚に小物の収納スペース作り

食器棚の一部をちょっとした収納スペースとして使いたい時も、Timb.の「stacksto, Timb. Rectangle」や「stacksto, Timb. Square M」が便利です。

幅などのサイズが合うTimb.を食器棚の必要な場所へ必要な数だけ揃えれば、食べかけのお菓子を入れたり、散らばりがちなカトラリーや調理器具、小さな食器類をひとまとめに収納したり。

引き出しのない棚ならその代わりにもなるので、ちょっと余ったスペースも有効に活用できます。

レンジ台(レンジボード)・ラック・ワゴンのスペースに収納力を確保

レンジ台(レンジボード)の下や上にあるスペースが余った時は、「stacksto, Timb. Rectangle」や「stacksto, Timb. Square M」を並べれば収納スペースが整います。

コーヒーセットや紅茶のセットを入れたり、すぐに使う食材の一時保管に使ったり、取り出す頻度の高いものの収納場所に最適です。

フリースペースが多くなる棚(写真では無印良品の"スチールユニットシェルフ"を使用)では、サイズや用途に合わせて「stacksto, baquet」を併用すると、さらにしっかりとした収納場所を確保する事ができます。

調理予定の食材保管

stacksto, Timb. Round」や「stacksto, Timb. Oval」は、その時調理を予定している食材の一時保管場所として扱いやすいタイプです。

カッティングボードの近くに調理予定の食材を入れたTimb.を並べて調理スタート。
わざわざ保管場所まで取りに行く事もなく、スムーズに調理が進みます。

食材のほかにも調味料ボトルをまとめて入れて置いておけば、調理の仕上げにすぐに使ったり、そのまままとめてテーブルに持っていったり、使い勝手のよさが広がります。

食材を取り出してそのまま丸洗い

調理に使う食材は「stacksto, Timb. Oval M」のような大きめなタイプを使って、ストッカーから必要な数だけ一括して取りだしたらそのままシンクの中へ。
Timb.は丸洗いが出来るかごなので、取り出した食材をザルやボウルに移し変える必要はありません。

キッチン収納の充実で利便性アップ

積み重ねるだけで簡単に収納スペースを確保できるスタックストーの収納は、片付けが苦手なズボラさんでも誰でも簡単に、おしゃれで清潔なキッチンが作れます。
キッチンの充実で毎日の料理が楽しくなるスタックストーの収納アイテムを、ぜひ一度試してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加