カート
ガイド
絞り込む
カテゴリー
読みもの
  • ホーム
  • 茶色・ブラウン系インテリアの作り方、お部屋作りのコツ
インテリア
茶色・ブラウン系インテリアの作り方、お部屋作りのコツ
このエントリーをはてなブックマークに追加

おしゃれなインテリアを作りたくても、色の配色でいつも迷ってしまい、結局なんだかよく分からないバランスの悪いお部屋になってしまう。そんな時はお部屋の色の配分を考えてみましょう。
今回は人気の高いカラーコーディネートの1つで、今も昔も世界中で愛される、ナチュラルであたたかみのある、茶色・ブラウン系カラーをテーマにしたインテリアの作り方をお話しします。

茶色・ブラウン系インテリアを作るコツ

カラー配分の決め方

インテリアのカラーコーディネートは、2色から3色でそろえるのが基本です。2色でそろえる時は、お部屋の70%を占めるのがベースカラー、30%を占めるのがメインカラーで、バランスよく配色しましょう。
3色でそろえる時は、70%をベースカラーにして、20%〜25%をメインカラーに。そして残りの5%〜10%をアクセントカラーに配分しましょう。

それぞれの配色をバランスよく配分することによって役割がはっきりとするので、コンセプトのしっかりとしたお部屋作りの基本が完成します。

ベースカラーは白・ホワイト系がそろえやすい

ベースカラーは白・ホワイト系でそろえやすいので、基準として考えておきます。
特に白・ホワイト系はあきにくく、空間を広く見せたり、お部屋の雰囲気を明るく見せたり、お部屋がすっきりとした印象になるのでおすすめです。
日本では、白・ホワイト系の壁紙が採用されていることが多く、コーディネートがしやすくなります。

メインカラーは逆色でそろえる

メインカラーは壁、天井、床、の次にお部屋の割合をしめる家具に配色をしていきます。白・ホワイト系でベースカラーがそろった時は、メインカラーを茶色・ブラウン系に、逆に壁や天井の色が茶色・ブラウン系の時は、家具を白・ホワイト系で統一しましょう。

簡単!アクセントカラーで上級コーディネート

アクセントカラーを使う場所

ここまで決めたベースカラーとメインカラー、さらにアクセントカラーをプラスすると、簡単に1歩上の上級コーディネートを作ることができます。アクセントカラーを置く時は、家具なら1つだけ、クッションなら全体の半分だけ、というように配置します。メインカラーとしても使えるソファやカーテン、チェアやサイドテーブルやラグをアクセントカラーにする時は、どれか1つか2つだけと決めてしまいましょう。

その他に例えば、家具以外をアクセントカラーとしたい時は、緑・グリーン系の色として大きめの観葉植物を置いてみます。そうすると、ちょっとナチュラルな空気感がプラスされて、メリハリのあるコーディネートができあがります。

他にもオレンジや黄色・イエロー系の色や青色・ブルー系の色など、ビビットなカラーや、灰色・グレー系のようなモノトーン系もおすすめ。派手な色はお部屋に置く時少し勇気が必要な時がありますが、思い切って全体の5%くらいの範囲で取り入れてみてください。

茶色・ブラウン系インテリアで落ち着いたお部屋作り

茶色・ブラウン系のインテリアの印象は、ナチュラル、あたたかい、落ち着いた、というような安心感を与えてくれます。ベースカラーとメインカラーの配色割合をしっかり整えて、ぜひアクセントカラーも取り入れた、素敵なお部屋づくりにチャレンジしてみてください。


アクセントカラーを収納で

このエントリーをはてなブックマークに追加